マタニティビクスをすると陣痛がくる?

マタニティビクスとは、妊婦さんに合わせたエアロビクスのことです。一般的なそれよりも体の負担が少なく「体重コントロール」と「安産」、「産後に向けた体づくり」を目標にしています。始める前には産婦人科医や助産師によるメディカルチェックがあるので、不安なことがあれば相談するとよいでしょう。

 

マタニティビクスの陣痛の関係ですが、それをしたからといってすぐに陣痛がくるわけではありません。安定期になると、どの産婦人科医も体重コントロールと安産のために動きなさいと言いますが、その一環としてのマタニティビクスなのです。体を動かすので、妊婦に起こりがちな便秘の解消にもつながります。安定期になった正常妊娠の方であればどなたでも参加できますし、臨月だからと言ってやめる必要はありません。実際に出産予定日ぎりぎりでも行っている妊婦さんもいます。注意点としては、お腹が張ってきたら無理せず休むことです。

 

臨月になると陣痛を促すための内診を避けるために、頑張ってマタニティビクスをする妊婦さんも多いですが、頑張ったからといって100パーセント陣痛がくるわけではありません。

 

ですが、臨月に体を動かすことは安産にもつながってとても良いことですので、無理のない範囲でマタニティビクスを続けてほしいです。

 

妊娠中は体が重くなるせいか運動不足になり体力が低下しがちです。体力低下は難産になりやすいので、マタニティビクスで適度に体を動かして、安産を目指しましょう。

 

また、妊活中にも適度な運動をすることが大切です。適度な運動をすることで、体温が上昇しますので冷え性を改善してくれます。
そして、妊活中には葉酸サプリを摂ることも忘れてはいけません。

 

葉酸は妊活夫婦になくてはならない必需品です。毎日決まった量を摂ることで、妊娠が近づいたり、赤ちゃんの奇形のリスクを下げてくれる効果が期待できます。